【wix】エディタXベータ版を触ってみた。その1

新しいwixエディターのベータ版に申請してたらいつのまにか使えるようになっていたので、少しずつ触って行こうかと思います。


ちなみに現時点では、日本語にローカライズはされていません。

英語が不得意でも、HTMLでホームページを作ったことがある人は触っていくうちに理解できるかと思う。



とりあえず初回3時間くらい触った感想

一応、SampleサイトのURL:https://gto076.wixsite.com/mysite






エディターがとにかく軽い

エディターのレスポンスはかなりいいと感じた。

サイトをフルで構築したら重くなるとは思うけど、現行のエディタよりもレスポンスはいいと思う。



細かいところまでレスポンシブに対応

EditorXの最大の魅力である「Wixで完全レスポンシブサイト」が作れるようになった点はかなり嬉しい。

PC、タブレット、スマートフォンと、ブレイクポイントが用意されており、各ポイントに切り替えてレイアウトを調整するといった流れ。されにブレイクポイントは編集、追加ができるみたいなので、新しい端末が出ても、対応することが可能。



高機能になった分、作業量は倍

デザイン面でできることが多すぎて、細かい調整は結構大変そう。

ブレイクポイントに合わせて、ボタンとテキストの余白なんかの調整はちゃんとしない、端末によってはレイアウトが壊れてしまう場合がある。



Sectionを追加してページコンテンツを構築していく

多分HTML5のSectionと同じ概念だと思う。

ページの内のコンテンツに応じてSectionを追加する。このSectionパーツには現行エディタでいうストリップパーツと同じように使うことができる。特にGRIDedit機能では、tableを作る感じでColumnを自由に調整することができる。



初回はこんな感じの感想。

ホント新しい機能が多くて、触っていて楽しい。と同時に疲れる。


今後は機能別に備忘録としてまとめていきます。



45回の閲覧

COMPACT-C

Copyright © 2015 Compact-C. All rights reserved.