Wixで制作されたサイトのURLをFetch as Googleを使って個別に提出する方法



最近SEO関連の相談でグーグルSearch Consoleの「Fetch as Google」を使う機会があって、「Wixのトップページ以外のURL」を提出したら上手く読み込んでくれなかったので、対処法をご紹介しておきます。

そもそもFetch as Googleって何ができるの?

簡潔に説明すると、

・グーグルへの再クロールを依頼する

・レンダリング機能を使って、エラーをチェックできる

といった感じで、クローラーを最適化に役立つツールになっています。

今回使用した理由は「クローラーに認識されていないページを認識させるため」

Wixで制作したサイトで、301リダイレクトを設定した際に、上手く処理されずクローラーからページが認識されていない可能性があったので、サイトの各ページを再クロールしてもらう狙いがありました。

試しにこのサイトのTOPページ以外をレンダリングしてみたら…


ん~なぜかTOPページが表示される。

調べれば一発で解決しました。

ちゃんとWixサポートに解答があります。

Wixサポートによると、ページURLの「#!」部分を「?_escaped_fragment_=」に変えてくださいとのこと、

WixにAjaxが使われていることをすっかり忘れてました。

例えば、http://www.compact-c.com/#!wix-pr/f1x72というURLだったら

http://www.compact-c.com/?_escaped_fragment_=wix-pr/f1x72のように変更して提出すれば認識されるようです。

ページ数が多くなると正直面倒ですが、とりあえずは解決です。

おまけ

?_escaped_fragment_について色々調べてみた所、Ajaxクロールの推奨構成サポートは既に終了しているみたいです。

クローラーはjavascriptを実行してCSSを解釈できるレベルになっているので、Ajaxクロールの推奨構成は必要ないとのこと、

ただ、クローラーがAjaxを完璧に理解できることはないので、ajaxを使っているWixで制作されたサイトは、きちんとクロールできている確かめる必要はあるのかなと思います。

#SEO

0回の閲覧

COMPACT-C

Copyright © 2015 Compact-C. All rights reserved.